講師について

人への共感や理解は、まず自分を深く知ることから。

 

自分を深く知ることで、人への慈しみも自然と育まれます。

 

本当の自分を受容することで得られる喜びと解放感を体験し、

本来の人間らしい豊かな感性を発揮して欲しいという想いから、EQカレッジが

生まれました。

 

それは、私自身が迷い、苦しみ、葛藤しながら、自分の生き方を追及する旅を

続けてきたからです。

 

日ごろの小さな選択や価値観の積み重ねが、人の人生の質を育むことに気づいた時

から、幸福や豊かさの本当の意味を追及する私自身のこころの旅が始まったのです。

 

 

山本 トースネス みゆき
熊本県在住
心理カウンセラー・
研修ファシリテーター


 

 

今の活動の原点にあるのは、生きることについて教えてくれたとある末期がん患者の男性

それから25歳にして単身渡米。大学院卒業を経て、アメリカ・テキサス州での在宅ホスピスナースとして、様々な年齢、性別、人種、 社会・文化背景の200人以上の方々の命の最期に寄り添いました。

死を間近にして、「もっとお肌の手入れをしておけばよかった」とか、「もっといいお家に住みたかった」と後悔する人はいません。 「本当に愛する人をもっと大切にしておけばよかった・」

「自分らしい生き方を選んでおけばよかった」

「私の人生の意味はなんだったのだろう」

 

日ごろの小さな選択や価値観の積み重ねが、人の人生の質を育むことに気づいた時から、幸福や豊かさの本当の意味を追及する私自身の こころの旅が始まったのです。

 

そして、心身医学、体感心理学、スピリチュアリティ、死生観、社会心理学などについて、著名な人々に師事し、体験や知識を活かして カウンセリングやセミナー活動を続けています。

 

これまで10年以上、アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリア、日本で、活動を展開してきました。その対象は、医療、福祉、教育、企業、行政と多岐に渡ります。

 

2番目の大きな転機は、スペインの巡礼の旅

2004年にスペインの北部750kmにわたるカミーノ・デ・サンティアゴ巡礼の旅とヨーロッパでの数か月の生活を体験しました。

世界中から集まってくる人たちと、巡礼の旅を共にし、既成概念や文化の規範を超えた、人間としての在り方を実体験しました。

 

その後アメリカに戻り、スピリチュアルカウンセラー養成プログラムのディレクターとして、ヒーリング学校の経営と教育に数年間携わりました。同時に、トヨタ自動車サンアントニオ工場にて日本人赴任者の医療サポートをしていたことがきっかけで、企業における精神的なサポートの必要性にも視点を広げ、人間関係のシステム論や組織における精神衛生に関する活動も始まりました。

 

3番目の大きな転機は、結婚と出産

スペインで出会ったオーストラリア人の夫と結婚、オーストラリアに移住して2011年に娘を出産しました。

人生観が大きく変わり、親としての試練( ? )も始まりました。 オーストラリアでは、統合医療の専門家とコラボレーションした

セミナー活動を行うようになりまた。

 

4番目の転機は、日本へ帰国移住

2013年、日本へ帰国移住しました。夫と娘と日本での暮らしにカルチャーショックを受けながらも、こうしてあなたと出会えるご縁が できる機会に恵まれて感謝しています。

 

日本➡アメリカ➡スペイン➡ヨーロッパ➡アメリカ➡オーストラリア➡日本と、世界を駆け巡って自分を探す冒険を続けてきた私は、 社会をよりよくするためには、まず自分自身を深く知ることから、と確信するようになりました。

 

自分と向き合うことの苦しさと葛藤を体験したからこそ、こころをさらけ出すときの不安が充分理解できます。 本当の自分らしく生きるために自分の殻を破ることを体験したからこそ、変化を前にして感じる、がけから飛び降りるかのような恐怖も、理解できます。

傷つき悩むこころが、人の絆によって癒される体験をしたからこそ、つながりを慈しむ気持ちが分かります。

 

そして、自分のこころと向き合う努力を重ねていくと、今まで気づいていなかった自分の中の宝に出会えることも、体験から確信して います。

 

EQカレッジには、いくつかのコースがあります。

ぜひ、あなたも自分の中にある、感覚と可能性を発見する旅に出てみませんか?

 

企業・組織研修のレジュメはこちら

 


EQカレッジでは、様々なスタイルのプログラムをご用意しています

特徴:①最新の学説や理論を統合したメソッド ②体験や感覚をふんだんに使った学び ③具体的に生活の中で役立つ視点やツール

プロコース(3年間)

心の旅コース1年間)