EQ(感情の知性)を活かしたリーダーシップ

体験ワークショップ


穏やかだけど芯がある。

柔軟だけどあきらめない。

しなやかで勇気あふれる生き方を目指すあなたへ


仮面やよろいや圧力を使わず、

こころとたましいの感性を活かして、

人を動かすリーダー力を育みましょう。

★満席となりましたが、あと2つお席を準備しました。お早めにお申込み下さい★

あなたは、組織やコミュニティや人とのグループで、

もっとこうなったらいいのにな・

OOを試してみたらどうかな・

周りの人の可能性を輝かせてあげたいな・

人のやる気を引き出したいな・

フラットで風通しのいい関係性がいいな・

目に見えないけど人のこころは大切だな・

いろんな人たちと力を合わせて、ひとつのことを目指せたら楽しいだろうな・

と、こころでつぶやいていませんか?

そんなつぶやきは、 人の役に立ちたい、 よりよい社会の実現のために、もっと力を発揮したい 信頼や安心を大切にしたい というあなたの願いの表れなのです。

こころのクセが生み出す悪循環


▼自分に自信がないことを隠そうとして、がんばりすぎてしまう

▼失敗が怖くて安全圏でとどまってしまう

▼想いが先走って、ついつい人にプレッシャーをかけてしまう

▼人のことが気になって、自分の本当の意見が言えない

▼評価やルールに縛られて、自分らしい仕事ができない

▼自分と人とを比べてしまい、落ち込んでしまう

▼自分の信念を貫こうとすると、いつも横やりが入る

▼過去の出来事をひきづっていて、こころが重い

▼こころから人を信頼できない

 医療、教育、介護、子育て、社会活動、管理、経営といった分野で、人のために、家族のために、社会のためにがんばっているのに、モヤモヤしたり、人間関係で壁にぶつかるのは、あなたのがんばり不足ではありません。

人間的に劣っているのではありません。

EQ(感情)の知性の可能性がまだまだうまく発揮されていないからなのです。


こころの力を味方につければ、人との摩擦や劣等感が和らぎます。

こころの力がレベルアップすると、こころの葛藤に対する解決が見出せます

こころの力は、継続的なトレーニングを積み重ねて身に着けることができます。 


EQ Collegeで育むこころの力とは・・


★こころを開いた対話の力

★人の感情を適切に受け止める力

★困難に向き合うしなやかさ(レジリエンス)

★人のこころに寄り添う共感力

★目に見えない関係性の立ち位置をとらえる力

★自分の価値観を大切にする軸

★多様な人のあり方を受け入れ信頼関係を構築する力

★自分の感情や感覚を適切にとらえる力

★感情を健康的に消化する実践力

 

★壁にぶつかっても希望を失わない力

EQを活かしたリーダーシップの可能性を体感してみませんか?


来年4月からスタートする、リーダーシップ3年コースにさきがけ、

今回のEQ 体験ワークショップでは、

少人数で、ゆっくりとお互いの顔を見ながら、想いに耳を傾けながら、

EQの可能性を体感していだきます。

 

少人数で行う大切な時間です。

ぜひお早めにお申込みくださいね。


詳細について


日時:9月13日(金)18:30-21:00(18:00開場)

会場:月のはこ (熊本県 熊本市東区画図町重富153-1 ゆめタウン浜線近く)

無料駐車場がございます。

参加料:5000円 

定員:8名 (満席になりましたが、あと2つお席を準備しました)


お申込み方法


1.下のフォームに必要事項をご記入上、送信して下さい。

2.確認メールが届きます。3日以内に確認メールが届かない場合、迷惑メールボックスをご確認いただくか、恐れ入りますが、再度送信をお願いします。PCからのメールが受信できるように設定し、global-echo.netドメイン解除をお願い致します。

3.お支払の案内が届いてから5日以内にお支払をお願いします。

4.いったんお支払いいただいた料金は、キャンセル・欠席・部分参加の場合でも返金がありませんのでご了承ください。

受講料のお支払が確認でき次第お申込みが成立します。

 *定員に達し次第、お申込みを締め切らせていただきます。  

ご不明な点がありましたら、こちらからお気軽にお尋ね下さい。 



お申込みフォーム

メモ: * は入力必須項目です


 

山本トースネスみゆき(心理カウンセラー・EQ College代表)

看護師を経て1995年に単身渡米。米国で看護学士号・修士号を取得後、在宅ホスピスナース、緩和スペシャリストとして在宅緩和ケアの臨床・教育・コンサルティングに携わる。

 

看取りの仕事を通して、心と体の関連、スピリチュアリティ、死生観に着目し、独自の活動を展開。18年間の海外生活をへて2013年帰国。人間に普遍的に横たわる「恥の感情」に着目して脚光をあびたブレネー・ブラウン博士に師事し、アジアにおける唯一のファシリテーターとして活躍。EQカレッジを主宰。心身医学・死生観、人間関係システム論・体感ベース心理学・脳科学などの科学的な理論をベースとして、セミナーや企業研修を国内外で展開。人間の可能性や喜びを引き出すためのプログラムをデザインすることを特徴とし、各地の自治体やヤマトホームコンビニエンス(ヤマト運輸グループ)などでの研修は好評を博している。著書に『書込式7週間セルフイメージ革命』『ボディイメージ変身ノート』(グッドブックス)がある。海外では、アメリカ・ワシントンDC、カナダ・トロント、フランスなどで、アメリカ人を対象とした3年コース・リトリートを展開中。